葬儀マナー

  1. 葬式と作法 訃報

    お葬式は地域社会にとって公的行事でした。ここは過去形です。最近では、内々の近親者のみで密葬のようなお葬式を営む人が増えています。それを「家族葬」とか「直…

  2. 葬式と作法 喪服の事など

    お葬式のマナーには戸惑うことも多いのもです。お葬式に参列の際、私たちが気を付けなければならないことには、どのようなことがあるのでしょう。最近は直葬や家族…

  3. 病院での死と実務(霊安室)

    人は何処で死を迎えるか?  それは主に病院という、自宅ではないところが圧倒的に多いものです。日本では、1970年代の高度経済成長で、核家族化が著しく自宅…

  4. 夜にお葬式 

     最近は地方へ行っても、お葬式の会葬者の割合が、通夜に来る人の方が翌日の葬儀・告別式よりも多いと云います。ここでは、通夜に来訪される人を「弔問者」と呼び、翌…

  5. 通夜振る舞い

    通夜の弔問者に対して、葬家は慰労の席を設けます。お淨めの席とか、その宴席の名称は地方によっても様々です。一般的には、不特定の弔問者全員に、お焼香を済ませても…

  6. ご遺体の安置場所は何処ですか??  

    ご遺体を自宅に搬送して安置することも少なくなりました。 多くは葬祭ホールへ運ばれることが普通で、首都圏では約70%以上が、病院から葬祭ホールへ搬送され、安置…

  7. 友引にお葬式はしない

    暦の中の六曜はご存知ですか。 太陰太陽暦で、日の吉凶を定める基準となる六つの日のことです。先勝(せんしよう)・友引(ともびき)・先負(せんぶ)・仏滅(ぶつめ…

  8. お葬式の場所

    葬儀場選び最近は「ホール葬」が主流です。葬儀式場、葬祭ホール、セレモニー会館等々を葬儀社が作り始めたのはだいたい30年前くらいになるでし…

  9. お葬儀の喪主とはどんな役目??

     喪主は大変です。悲しみの中あわただしくも冷静に、いろいろな手順をこなしていかなければなりません。おそらく、ご逝去にも立ち会っていると思います。心の動揺…

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. ある火葬場の話
  2. エンバーミングとその期間
  3. エンバーミング施設
  4. 実務としての尊厳死表明
  5. 葬儀の前の生前整理のポイント

アーカイブ

  1. いろいろ

    実務としての尊厳死表明
  2. いろいろ

    お葬式の三つの不安
  3. お別れのスタイル

    ご遺体の安置場所は何処ですか??  
  4. お別れのスタイル

    葬式や法事
  5. いろいろ

    その人らしいお葬式とは
PAGE TOP