いろいろ

臨終の言葉  「老人六歌仙」から

 仙厓義梵(せんがいぎぼん)は江戸時代の禅僧1750年~1837年(寛延~天保年間)にわたり実在した臨済宗のお坊さんです。

仙厓禅師は「西の一休」さんとも呼ばれた傑僧として、その振る舞いや足跡が有名な人物です。

その老師の狂歌のひとつに、老いを喝破したものがあります。

『しわがよる、ほくろができる、腰がまがる、頭がはげる、ひげが白くなる。

手は振るう、足はよろつく、歯はぬける、耳はきこえず、目はうとくなる。

身に添うは、頭巾襟巻、杖眼鏡、たんぽ、おんじゃく、しゅびん、孫子手。

聞きたがる、死にとむながる、淋しがる、心はまがる、欲深うなる。

くどくなる、気短になる、ぐちになる、でしゃばりたがる、世話焼きたがる。

またしても、同じ話に子を誉める、達者自慢に人はいやがる。』

まさに、リアルな加齢の姿です。

この高僧は、当時としては超高齢の88歳で臨終を迎えました。大往生です。

その間際、大勢の弟子たちが集まり、老師を囲んで、末期のお言葉と求めました。

一同、耳を澄ませて聞き留めようと、近くに集まりました。

そこで一言、「死にとうない」。

これが最後の言葉です。

素直な本性を受容した言葉ではないでしょうか。

「人」というもののほんとうの姿をさらけ出したと思います。

禅僧も人なりき。

 

出稿;日本葬祭アカデミー教務研究室 / 二村祐輔     ※無断転写禁ず

ピックアップ記事

  1. 供養の始まりは初詣から

関連記事

  1. いろいろ

    香典は通夜に出す?それとも葬儀に

    10年以上昔の話ですが、石川県金沢市で香典詐欺事件がありました。 …

  2. お別れのスタイル

    夜にお葬式 

     最近は地方へ行っても、お葬式の会葬者の割合が、通夜に来る人の方が翌日…

  3. お別れのスタイル

    葬式や法事

    ◆家族の形が変化をすれば、お葬式やお墓の在り方も大きく変わってきます…

  4. いろいろ

    老いることと死ぬことの現実と仏教

    「老人六歌仙」から。 仙厓義梵(せんがいぎぼん)は江戸時代の禅僧(…

  5. 葬儀マナー

    葬式と作法 訃報

    お葬式は地域社会にとって公的行事でした。ここは過去形です。最近では…

  6. いろいろ

    検死解剖

     タクシーの運転手さんがお亡くなりになりました。死因は心臓の持病が…

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. ある火葬場の話
  2. エンバーミングとその期間
  3. エンバーミング施設
  4. 実務としての尊厳死表明
  5. 葬儀の前の生前整理のポイント

アーカイブ

  1. お別れのスタイル

    葬式や法事
  2. いろいろ

    司法解剖と行政解剖など
  3. いろいろ

    お葬式の三つの不安
  4. いろいろ

    老いることと死ぬことの現実と仏教
  5. お別れのスタイル

    夜にお葬式 
PAGE TOP