宗派・宗教

お布施や戒名など

◆いわゆるお布施について

 お葬式の多くは仏教作法に順じてなされることが多く、導師(葬儀の司祭僧侶・住職など)に差し上げるお布施はわかりにくいものとされています。

布施自体は「お気持ち」あるいは「喜捨」という言い方もされるように、本来金額を定めて「定価表示」を明確にすべきものでもありません。

昔ながらの寺壇関係の慣例や余韻がいまだに現存しているなかで、檀家は、寺を維持していく責務を分担するものという意識も強くあります。

このため責任説明のないまま一方的な要求を強いられる不満や不信を感じる人もいます。

これからは、できる限りその支払いに関して、納得のできる説明を受け、それによって支払いの価値を見出して「お包み」すべき時代です。

◆いわゆる戒名について

 宗旨・宗派によって『戒名』の解釈は異なり、『法名』や『法号』というところもあります。

一般的に『院号』や『位号』のランクなどは、かつて『家』や『故人』のステイタスを表象する一面もありましたが、価値観の移り変わりから「戒名不要」とする意見もあります。

最近では、自分の気に入った文字や字面を希望する人もいて、その捉え方は多様です。

伝統と文化は時代によって変化しますが、生前に自分が納得していただいておく『逆修』(ぎゃくしゅう、生前の戒名授与)もあります。

【ポイント】

 いわゆる戒名は自分自身の死後ネーム。自由に考えておくのも生前対応の一助かもしれません。

ただし作法的には供養司祭者(菩提寺住職)から『授与』されるという形をとります。

ですから自分でつけたからといって「ただ」ということはありません。

菩提寺とのおつきあいはかつて「家」単位でしたが、いまでは「私」がどうしたいのか、が重要です。

次世代にまで連なる関係性ですので、今一度、その継続の価値を納得のいくように理解しておきたいものです。

とくに不定期の寄付の強要や高額のお布施、一方では「離檀料」の請求トラブルもあり、今後ますます寺院との関係性が問われていきます。

日本葬祭アカデミー教務研究室 / 二村祐輔    ※無断転写禁ず

ピックアップ記事

  1. 供養の始まりは初詣から

関連記事

  1. いろいろ

    老いることと死ぬことの現実と仏教

    「老人六歌仙」から。 仙厓義梵(せんがいぎぼん)は江戸時代の禅僧(…

  2. いろいろ

    お葬儀の喪主とはどんな役目??

     喪主は大変です。悲しみの中あわただしくも冷静に、いろいろな手順をこな…

  3. お別れのスタイル

    夜にお葬式 

     最近は地方へ行っても、お葬式の会葬者の割合が、通夜に来る人の方が翌日…

  4. お別れのスタイル

    葬儀と告別式② 葬法

    火葬や土葬など、ご遺体にかかわる手立てを「葬法」といいます。これらは葬…

  5. 葬儀マナー

    葬式と作法 訃報

    お葬式は地域社会にとって公的行事でした。ここは過去形です。最近では…

  6. お別れのスタイル

    病院での死と実務(霊安室)

    人は何処で死を迎えるか?  それは主に病院という、自宅ではないとこ…

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. ある火葬場の話
  2. エンバーミングとその期間
  3. エンバーミング施設
  4. 実務としての尊厳死表明
  5. 葬儀の前の生前整理のポイント

アーカイブ

  1. お別れのスタイル

    葬儀と告別式の違い ①葬儀
  2. 宗派・宗教

    お布施や戒名など
  3. いろいろ

    通夜振る舞い
  4. エンバーミング

    エンバーミングのやり方
  5. エンバーミング

    エンバーミング施設
PAGE TOP