お別れのスタイル

音楽葬のやり方と式進行例

 告別式がその人らしく、自由にできることが広まると、いろいろなイメージをそこに求め始める人が出てきました。

 故人生前の趣味や生き方を反映する趣向や遺された方々の想いなども形にするようなお葬式のスタイルが出てきました。

お葬式の中でも「葬儀」はご遺体が伴うことから、一定の手順で進められ、同時に多くは仏教的な宗教儀礼が伴い、読経や戒名授与なども行われていますが、それとは別に告別式としての施行を、一般会葬者を交えて行うことも増えてきました。

中でも音楽葬は、そのイメージや雰囲気からもっとも好まれた告別式の手法です。

具体的には、葬儀を身近なもので済ませた後、いわゆる一般焼香にあたる部分を読経ではなく故人の好きだった音楽などを奏でた中で、献花をしていただくなどその礼拝方式もスマートな方法になっています。
 

 音楽とはいっても様々なジャンルがあるので、あまりそれをごちゃ混ぜにしたような演出は好みませんが、邦楽では琴や三味線、あるいは尺八などの和楽器と詩吟の吟上などもしみじみとした情感があります。

また洋楽ではクラッシックが基本です。なかでも弦楽四重奏など、比較的小さなユニットでその会場への移動などがたやすいものが施行しやすいと言えます。

曲目は好みですが、特段マイナーで、葬送にちなんだものでなくても構いません。

これまでの進行事例では、・G線上のアリア(バッハ)・別れの曲(ショパン)・オーぜの死(グリーク)・ハレルヤ(ヘンデル)・メヌエット・ラルゴ(グリーク)・ソルベーグの歌(グリーク)・白鳥(サンサーンス)・冬(ビバルディー)・家路(ドボルザーク)・タイースの瞑想曲(マスネー)・トロイメライ(シューマン)・カノン(パッフェルベル)・アベマリア(シューベルト)・シチリアーノ(フォーレ)・牧神の午後への前奏曲(ドビッシー)など多様です。

葬儀を家族だけの「密葬」で行い、後日ホテルなどで「本葬」として行われる告別式などは、その進行に特に制約があるわけではないので、自由に進めることができます。

装飾も遺影があればそれで十分かもしれません。

音楽葬の場合、大切なことはBGMの場合と、その曲そのものが「献奏」となるばあいがありますので、その区別を十分にすることが肝要です。

日本葬祭アカデミー教務研究室  二村 祐輔    ※無断転載禁止

 

ピックアップ記事

  1. 供養の始まりは初詣から

関連記事

  1. いろいろ

    通夜振る舞い

    通夜の弔問者に対して、葬家は慰労の席を設けます。お淨めの席とか、その宴…

  2. お別れのスタイル

    夜にお葬式 

     最近は地方へ行っても、お葬式の会葬者の割合が、通夜に来る人の方が翌日…

  3. いろいろ

    お葬式費用の考え方

     お葬式の費用を考えるとき次の三つを合計したものを念頭に置く必要があり…

  4. お別れのスタイル

    葬儀と告別式② 葬法

    火葬や土葬など、ご遺体にかかわる手立てを「葬法」といいます。これらは葬…

  5. お別れのスタイル

    病院での死と実務(霊安室)

    人は何処で死を迎えるか?  それは主に病院という、自宅ではないとこ…

  6. お別れのスタイル

    葬式や法事

    ◆家族の形が変化をすれば、お葬式やお墓の在り方も大きく変わってきます…

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. ある火葬場の話
  2. エンバーミングとその期間
  3. エンバーミング施設
  4. 実務としての尊厳死表明
  5. 葬儀の前の生前整理のポイント

アーカイブ

  1. 葬儀マナー

    葬式と作法 訃報
  2. いろいろ

    その人らしいお葬式とは
  3. いろいろ

    検死解剖
  4. エンバーミング

    ご遺体の変化
  5. いろいろ

    葬儀の前の生前整理のポイント
PAGE TOP