いろいろ

供養の始まりは初詣から

 年明け、初めてのお参りを「初詣」といいます。これは神社に限らず、お寺もあります。

お寺の場合は、主に厄除けなどの祈願祈念を行う「お大師信仰」によるものだと云われています。

日本の習俗では、ご先祖様と歳神さまを同じように見立てて、これを正月と7月のお盆に当てはめていますが、正月は祈願、お盆は供養、とその趣を変えて生活の中の庶民文化としています。

一般的には、初詣の対象はその土地の「氏神」さまです。これは共同体の守護神でもあります。

私たちにとっては、家の神や屋敷神といわれる固有の神さまで、もう少し細かく言えば竈(かまど)の神さま、トイレの神さま、井戸の水神さま等々、生活の隅々に神さまがいらっしゃるということです。

それらを「地」のつながりとして「郷」(共同体の単位)で小さい祠に祀り、その集合を村の鎮守として神社でお祀りしてきました。そこへ詣でるわけです。

有名神社が初詣員数を競っています。暮れになると盛んにテレビでコマーシャルさえ流れます。

暮れの雰囲気を守り立てるにはいいですが、少しお軽薄さも感じます。
 
いまでは「家」という概念が希薄になり「私」という個人を生活の中心に置くような風潮ですが、戦後私たちの亡くしたものの筆頭に、家の仏壇と神棚をあげる人もいます。

けれども、レジャーでもなんでも、とにかくそろって初詣に行くという慣習だけで、何百万人の人々が、有名な神社や大寺院へ参詣する光景は、信仰や信心を超えた私たちの生活行為かもしれません。

こたつにあたって一杯飲んでいた方がいいのに。わざわざ寒くて組み合ったところに出向くなんで。ともってしまう自分も、生活観念の劣化の極みかもしれません。

地方の「映像」を見ていると、村の神さまという意識がまだまだ感じられます。

ともすれば、その土地の神社こそが、彼らのふるさとそのものの象徴かもしてません。

レジャーや娯楽、行楽においても、神社仏閣の見学や参詣は大きな観光要素です。

西洋の教会が観光資源とだけは言えないように、やはり私たちの魂に触れる感性がそこにはあるのだと確信します。

もう一歩踏み込めば、そこには「霊場」という場もあります。もうこれは端的に「死者と会う場」ですね。

遍路や巡礼がブームとか。何もこれは自然志向や健康意識だけではないでしょう。

理由やきっかけはともかく、霊性を感じられる場所に出向く事はいいことだと思います。

出稿:日本葬祭アカデミー教務研究室 二村祐輔

ピックアップ記事

  1. 供養の始まりは初詣から

関連記事

  1. いろいろ

    実務としての尊厳死表明

     余命宣告や延命治療についての自分の意思表明は、元気な時にこそまわりの…

  2. いろいろ

    検死解剖

     タクシーの運転手さんがお亡くなりになりました。死因は心臓の持病が…

  3. いろいろ

    お墓の入り口

     田舎のお墓の入り口には、おおよそ六地蔵が並べられているところが多いで…

  4. いろいろ

    孤独な死と社会の問題

     超高齢社会の特質は、単身化が著しく、単身世帯は未婚の子供との同居世帯…

  5. いろいろ

    遺体の搬送(寝台車)

     病院からご遺体を移送する車を寝台車といいます。これらの車両は陸運…

  6. いろいろ

    その人らしいお葬式とは

     お葬式が「葬儀」と「告別式」という二つの「異なる目的」のものから成立…

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. ある火葬場の話
  2. エンバーミングとその期間
  3. エンバーミング施設
  4. 実務としての尊厳死表明
  5. 葬儀の前の生前整理のポイント

アーカイブ

  1. いろいろ

    臨終の言葉  「老人六歌仙」から
  2. エンバーミング

    ご遺体の変化
  3. いろいろ

    お葬式の三つの不安
  4. お別れのスタイル

    葬式や法事
  5. いろいろ

    通夜振る舞い
PAGE TOP