いろいろ

お墓の入り口

 田舎のお墓の入り口には、おおよそ六地蔵が並べられているところが多いですね。懐かしい風景です。

六地蔵については、いろいろな伝承がありますが、特に昔話では年越しの恩返しの話が有名です。

「笠地蔵」の話。

  老夫婦の生真面目な生活のなかで、ある日大晦日の夜、雪の降るなかをいつものように菅笠を売りに行ったおじいさんは、その売れ残りの編み笠を帰り道にいつも通る六地蔵に被せてあげてあげました。

その夜ふけ、功徳が報われお地蔵さんの恩返しとして、金銀小判をいただき、めでたしめでたしという功徳報恩の話です。

 お地蔵さんというのは、地蔵菩薩という「菩薩」さんで、仏様の位からいけば、「如来」さまの下、観音様と同じ位です。

けれども地蔵信仰の庶民的な感性としては、だいたいお地蔵さんは、子供を守ってくれる言い伝えや、また皆様のご先祖さまの変化(へんげ)でもあると云われています。

この昔話は、信仰心の大切さというよりも、先祖供養の報恩を伝えたものとみることもできます。

 

 葬儀は「死者供養」として、露地式で行われ、主に埋葬地の中の空地でなされていました。

ですから葬式には密接な関係があります。六地蔵の多くは、だいたい墓地の前などによくあります。

それぞれの家のお墓ではなく、それ以前のいわば、その地域全体のご先祖さんを象徴していると云ってもいいですね。

 日本の習俗では、元旦の朝、お墓参りを済ませてから初詣に出向くという地域も多いものです。

まずは、ご先祖様。それから年神様に新年のごあいさつと、その年の祈願祈念をお祈りします。
 

   家庭では、仏壇の灯りを新しく取り替え、新年のお供えをします。神棚もしめ縄などを
すべて更新し、清々しくお参りします。

時代は変わっても、ときどき六地蔵の姿も見かけます。葬儀やその後の供養を考えたとき、私たちの先人がどのように親しみをもって、仏教を生活の中に取り込んでいたのかを思い浮かべるといいでしょう。

いまやインターネットでお坊さんが派遣される時代です。

生活の哲学が何か軽薄さを伴って、軽々しいものになりつつあります。

お葬式も直葬や家族葬といった規模の小さなものになってきました。

これらの一因には、このような昔話や年中行事がどんどん失われ、供養に対する考え方が劣化しはじめてきたと痛感します。
 

   質素倹約も大切な生活態度ですが、簡略粗雑な生活はほんとうの豊かさを見失うかもしれません。あらためて昔話を思い出してみましょう。

 

出稿:日本葬祭アカデミー教務研究室 二村祐輔

ピックアップ記事

  1. 供養の始まりは初詣から

関連記事

  1. いろいろ

    「家族」の変化と葬儀やお墓

      家父長制度が廃止になって、いわゆる戦後70年がたちました。いま…

  2. いろいろ

    遺体の搬送(寝台車)

     病院からご遺体を移送する車を寝台車といいます。これらの車両は陸運…

  3. いろいろ

    検死解剖

     タクシーの運転手さんがお亡くなりになりました。死因は心臓の持病が…

  4. いろいろ

    ある火葬場の話

     横須賀線、逗子・小坪トンネルはミステリー・ゾーンで有名だそうです。…

  5. いろいろ

    実務としての尊厳死表明

     余命宣告や延命治療についての自分の意思表明は、元気な時にこそまわりの…

  6. いろいろ

    臨終の言葉  「老人六歌仙」から

     仙厓義梵(せんがいぎぼん)は江戸時代の禅僧1750年~1837年(寛…

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. ある火葬場の話
  2. エンバーミングとその期間
  3. エンバーミング施設
  4. 実務としての尊厳死表明
  5. 葬儀の前の生前整理のポイント

アーカイブ

  1. いろいろ

    臨終の言葉  「老人六歌仙」から
  2. お別れのスタイル

    葬儀と告別式③ 告別式
  3. いろいろ

    香典は通夜に出す?それとも葬儀に
  4. お別れのスタイル

    葬式や法事
  5. 葬儀マナー

    葬式と作法 訃報
PAGE TOP