葬儀マナー

葬式と作法 訃報

お葬式は地域社会にとって公的行事でした。ここは過去形です。

最近では、内々の近親者のみで密葬のようなお葬式を営む人が増えています。

それを「家族葬」とか「直葬」と呼んでいます。

『死』は決して「個人的」なものではなかったはずです。

社会生活を営んできた以上、それは社会的な『死』であることを忘れています。

新聞社など広報機関では、一定の社会的立場を基準に、死亡の公示を記事として出すことになっています。

黒枠の訃報欄に記載されるものは、遺族の要望から有料で取り扱うもので、死亡公示記事とは異なります。

これも地域により今でも盛んなところもあり、葬儀委員長のみならず、友人、親族一同が名前を連ねて大きなスペースを占有する紙面もあります。

もし、三大紙といわれる新聞の全国版で、このような個人的な訃報を記載するとそれだけでも、千万近くの費用がかかると思います。

さておき、この「訃報」とは一体何でしょうか。

いまでも地方に行くと「告げ人」と云う地域の葬送役割が現存するところもあります。

二人一組で、近隣、地域共同体内の一軒一軒に訃報を知らせて歩きます。

また葬儀日時などが記された紙を渡してきます。

電話やFAXが普及した今でも、この風習を行なっているのは、それが単なる連絡ではなく、「儀礼」としての意味がそこにあるからに違いありません。

『死』と云う事象はその共同体にとって、たいへんな危機感を持たせその対応にあたってきました。

たとえば「村八分」という言葉があります。八分ですから、その残りの二分を火事と葬式においています。

つまり人の死は日常とは異なるお付合いで、そこには霊魂に対する畏怖が関係していると思われます。

ですから、村八分などといっておられません。いち早く、確実に、その対処を迫られます。

ですから訃報連絡も重い役割のものです。また、その連絡の一つに『寺行き』と云う習俗もあります。

これは訃報を真っ先にお寺に知らせに行く人ですが、たいてい米を持参するような習俗とともになされていたようです。

そのような慣習の意味には、米の穀霊に死者の魂を託して、故人の霊魂をいち早く寺に連れて行くという意図があるなど、諸説あります。

告げ人や寺行きなど、これら二人一組の意味合いは、よく解明されているわけではありませんが、霊威の恐れを感じていたのかもしれません。

そのため、どうしても一人で行く場合には、腰に鎌など刃物を携えていくなどの慣習もありました。

出稿:日本葬祭アカデミー教務研究室 / 二村 祐輔 

ピックアップ記事

  1. 供養の始まりは初詣から

関連記事

  1. お別れのスタイル

    葬式や法事

    ◆家族の形が変化をすれば、お葬式やお墓の在り方も大きく変わってきます…

  2. いろいろ

    臨終の言葉  「老人六歌仙」から

     仙厓義梵(せんがいぎぼん)は江戸時代の禅僧1750年~1837年(寛…

  3. お別れのスタイル

    病院での死と実務(霊安室)

    人は何処で死を迎えるか?  それは主に病院という、自宅ではないとこ…

  4. 宗派・宗教

    お布施や戒名など

    ◆いわゆるお布施について お葬式の多くは仏教作法に順じてなされるこ…

  5. お別れのスタイル

    葬儀と告別式③ 告別式

    「葬儀」の手法は大きく二種類しかありません。仏式、キリスト教式、神…

  6. いろいろ

    通夜振る舞い

    通夜の弔問者に対して、葬家は慰労の席を設けます。お淨めの席とか、その宴…

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. ある火葬場の話
  2. エンバーミングとその期間
  3. エンバーミング施設
  4. 実務としての尊厳死表明
  5. 葬儀の前の生前整理のポイント

アーカイブ

  1. いろいろ

    通夜振る舞い
  2. お別れのスタイル

    お葬式の場所
  3. エンバーミング

    ご遺体の変化
  4. いろいろ

    遺体の搬送(寝台車)
  5. いろいろ

    孤独な死と社会の問題
PAGE TOP