いろいろ

火葬炉の鍵

 母の逝去で、あらためてその土地の葬祭慣習に接しました。

葬儀が終了し、山の上にある小さな火葬場へ赴きました。(長野県木曽郡広域組合運営)

本来この地域は、「前火葬」を慣例とする地域で、式次第としては、通夜のあと翌日の午前中に荼毘に付し、遺骨になってからお葬式を行う、つまりこれを「骨葬」といいますが、このようなことがいまだに多く見られる地域です。 

最近では都市部で行われている、葬儀後の火葬に変化しています。

これを「後火葬」といいます。それこの葬法は「骨葬」に対してなんというのでしょうか?

この件はまた別の機会に触れましょう。

 さて火葬場に着きまして、最期のお別れをし棺を火葬炉の中に納めます。

その時、扉の施錠があり、鍵が「喪主」である私に、うやうやしく手渡されました。

鍵を喪主に預ける?

これはいったいどのような意味があるのでしょうか?

 これまで日本の拾骨現況、とりわけ全部収骨して持って帰る地域と、一部分だけを持ち帰る地域と東西の日本でその分布がわかれているなど調査する関係で、いろいろな火葬場を巡りました。

中でも火葬の点火「ボタン」を喪主に押してもらうという「儀式」も少なからずありました。

けれども「扉の鍵」を渡されたのは初めて経験したことです。しかも自分の母の火葬で。

 これは推論でしかありませんが、・・・

おそらく「野焼き」の時代、その小屋(火屋)の「管理責任」として、誰か地域の世話役が、その役を担ったのではないかと思われます。

その慣習が近代習俗として、喪主を管理者に見立て、その委託を儀礼的に受け継いだものと思われますがいかがでしょう。

 点火ボタンを押す所作は、一つには決別儀礼といえます。

おそらく昔は、口火のついた焚き付けを手渡され、火葬の発端としましたが、このように「鍵」を預かるというのも、たいへん面白い土地の関係でした。

土葬のころには、そんな慣習はあったのでしょうか。

また、この地域では骨壺はありません。木箱の中の布袋に拾骨します。

納骨時には、お墓の下に、遺骨をそのまま撒いてしまいます。そのためカロートの底は土になっています。

まさに「土に還る」というわけです。

こういう慣習は、多くの方のご理解を得やすい伝統な習俗といえるかもしれません。

高い骨壺はこの地域では無用です。

出稿:日本葬祭アカデミー教務研究室 二村祐輔

 

ピックアップ記事

  1. 供養の始まりは初詣から

関連記事

  1. いろいろ

    「死」を表す日本語の多様性

    誰もが、あまり口にしたくない言葉に「死」があります。 縁起でもない…

  2. いろいろ

    お葬式費用の考え方

     お葬式の費用を考えるとき次の三つを合計したものを念頭に置く必要があり…

  3. いろいろ

    余命宣告と遺書や手紙

    もし余命宣告されたときあなたは「遺言」を書きますか?…

  4. いろいろ

    供養の始まりは初詣から

     年明け、初めてのお参りを「初詣」といいます。これは神社に限らず、お寺…

  5. いろいろ

    「家族」の変化と葬儀やお墓

      家父長制度が廃止になって、いわゆる戦後70年がたちました。いま…

  6. いろいろ

    お墓の入り口

     田舎のお墓の入り口には、おおよそ六地蔵が並べられているところが多いで…

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. ある火葬場の話
  2. エンバーミングとその期間
  3. エンバーミング施設
  4. 実務としての尊厳死表明
  5. 葬儀の前の生前整理のポイント

アーカイブ

  1. いろいろ

    実務としての尊厳死表明
  2. いろいろ

    臨終の言葉  「老人六歌仙」から
  3. いろいろ

    お葬式費用の考え方
  4. いろいろ

    老いることと死ぬことの現実と仏教
  5. 宗派・宗教

    お布施や戒名など
PAGE TOP